上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第5ターン 『奇跡の反撃』
天候:曇り

連合軍は増援のポーランド第1独立空挺旅団の2ユニットをゲリラとして、ARNHEMの南側に降下させ、NIJMEGENの1ユニット、及び、ARNHEM守備隊1ユニットと増援1ユニットを引き付ける。
米第82空挺師団は一進一退の攻防を続けている。
英第30軍団は、増援を3ユニットを得、Heijenで対峙していたドイツ軍4ユニットを駆逐し、MASS河沿いに部隊を展開、渡河のタイミングを伺っている。

ドイツ軍は、ARNHEM方面でポーランド第1独立空挺旅団1ユニットを除去。増援1ユニットを戦闘に参加させる。
HIJNEGEM方面では、突出した1ユニットが米第82空挺師団が3ユニットに囲まれるも、奇跡的に押し返し、補給地点の奪取に成功する。これにより、米第82空挺師団10ユニットが補給切れとなる。しかし、包囲網の南側の部隊2ユニットをHeijenの橋の守りに向かわせた為、包囲が崩れる危険が出て来た。
西側からの援軍2ユニットはハイウエイで2ユニットは1級道路でGraveの橋へ向かわせる事とする。
しかし、Mookの鉄橋が落ちなかったのは痛い・・・。

unknown+052a_convert_20090910160758[1]
第5ターン終了時

第6ターン 『ターニングポイント』
天候:嵐

連合軍は、米第82空挺師団が英第30軍団と合流すべく、包囲が薄い南側へ攻撃を集中させると共に、補給地の奪還を行い、成功する。南側は、2ユニットを除去し、包囲を崩す。
英第30軍団は、Heijenの橋とMookの鉄橋で攻撃を開始する。残りの部隊は、Graveの橋に向かい、ドイツ軍部隊の分散を目論む。

ドイツ軍は、ARNHEM方面のポーランド第1独立空挺旅団の残り1ユニットを撃破。
NIJMEGEN方面は、米第82空挺師団への包囲を諦め、都市部の守備へと切り替える。都市部以外の部隊はそれぞれ、Heijenの橋、Mookの鉄橋、Graveの橋を守らせる。
ここで、小さなミスが1つ、戦闘順序を考えずに戦闘してしまった為、退路を絶たれた1ユニットが除去となった・・・。

kabekami_669s.png
第6ターン終了時(サッポロ辺境伯写真を落とす)

つづく・・・

スポンサーサイト
第3ターン 『弾薬切れる、女王陛下万歳!』
天候:曇り

連合軍へは5ユニットの空挺部隊と3つの航空支援が渡される。
英第1空挺師団は補給が切れ、ドイツ軍の包囲も狭まる中、防御をしたくても、Must Attack故、不利な反撃を強いられ、退路を絶たれた2ユニットが除去。増援として来た4ユニットはドイツ軍へのVP対象になることを恐れ、ARNHEM上空を旋回した後、帰還してしまう。
米第82空挺部隊へはまだ、ドイツ軍の包囲が完成していないので、師団増強の為、1ユニットが降下。
米第101空挺師団はドイツ軍がEINDHOVEN方面の戦闘を放棄した為、無事に、4ユニットが降下。補給線確保の為、EINDHOVEN北側一帯の守備に着く。
第30軍団は7ユニットが到着。Heijenの橋を目指し、東進をする。

ドイツ軍は更に、積極策を加速させる。
ARNHEM方面は包囲下の英第1空挺師団に引導を渡すべく攻撃を開始。英第1空挺師団の残り3ユニットは「弾薬切れる、女王陛下万歳!」の電文を最後に壊滅する。ARNHEMの増援2ユニットはHIJMEGEMへ向かわせる。
NIJMEGEN方面は四方からの進軍により、米第82空挺師団への包囲が完成しつつある。ドイツ本国部隊の増援2ユニットも当然、包囲に参加させる。
南東の増援5ユニットは、MASS河沿いをHeijenの橋に向けて進軍。
ここで、ドイツ軍はミスを犯す。増援の内1ユニットでもハイウエイの抑えに向かわせるべきだった。
unknown+050a_convert_20090909185300.jpg
第3ターン終了時
英第1空挺師団より最後の電文を受け取ったモントゴメリー元帥ことサッポロ辺境伯は
「俺が悪いんじゃない!全て天候が悪いんだっ!!」と・・・(名言が生まれる(爆))

第4ターン 『米第82空挺師団の死闘』
天候:曇り

英第1空挺師団が壊滅した今、NIJMEGENに対する米第82空挺師団への圧力は増す一方である。又、包囲網を完成させない為にも、距離をとりつつ防御に専念する。
英第30軍団は2ユニットの増援を得て、米第82空挺師団と連携を取る為に、Heijenの橋へ向かう。

ドイツ軍は、ARNHEM方面の英第1空挺師団の壊滅により背後の憂いが無くなったので、4ユニットの守備隊を残し、2ユニットと増援2ユニットを共にNIJMEGENに向かわせる。
NIJMEGEN方面は包囲の輪を狭めるものの、ユニット不足により、未だ包囲は完成せず。
Heijenの橋の対岸ではNIJNEGEM包囲に間に合わなかった4ユニットが、英第30軍団と対峙することとなる。
unknown+051a_convert_20090910071208[1]
第4ターン終了時

つづく・・・













サッポロ辺境伯の普段の行いが悪いのか・・・(笑)
天気が悪い!

では、「A BRIDGE TOO FAR:ARNHEM」(邦題:遠すぎた橋)(SPI)リプレイでございます。

設定
ドイツ軍:暗黒卿
連合軍:サッポロ辺境伯
ヒストリカルセットアップ
天候有り

撮影:サッポロ辺境伯

※MAPの画像では右端が北となっております。また、MAP上のピンクマーカーは落ちなかった、又は、修復済みの橋。黒マーカーは落ちた橋となっております。  

第1ターン 『作戦発動!!』
天候:晴れ

モントゴメリー元帥ことサッポロ辺境伯の号令の下、作戦は発動された。
英第1空挺師団の内7ユニットがARNHEM西側に降下。
米第82空挺師団の内10ユニットがNIJMEGEN東側に降下。
米第101空挺師団の内9ユニットがEINDHOVEN北側に降下。
それぞれ部隊を展開するも、連合軍は次ターンの工兵大隊到着までの橋の破壊を恐れた為か、積極的な移動を行なわなかった。
特に英第1空挺師団は次ターンに来るであろう4ユニットと共に攻勢を懸けようと思ったのか、固まったままである。
この消極的行動が次ターンに災いとなって現れることとなる。

一方、ドイツ軍は、この連合軍の動きにより積極策への作戦変更を行なう。
ARNHEM方面はARNHEM守備隊2ユニットと増援2ユニットでZOCを張りつつARNHEMの防御ラインを構築。それと共に、北側からの増援2ユニットにより英第1空挺師団に対する包囲網が完成。残りのARNHEM守備隊1ユニットは待機、増援2ユニットはNIJMEGENへ向かわせることとする。これにより、背後に部隊を降下されても補給切れによるVPを得ることができる。
NIJMEGEN方面はドイツ本国部隊2ユニットで米第82空挺師団を牽制しつつ、NIJMEGEN守備隊1ユニットで橋を守ることとする。
EINDHOVEN方面は守備隊1ユニットはそのまま、増援部隊2ユニットは撤退させ、次ターンにハイウエイを使用して、NIJMEGENへ向かわせることとする。
unknown+048a_convert_20090909135830[1]
第1ターン終了時

第2ターン 『よもやの嵐』
天候:嵐←サッポロ辺境伯が6の目出しやがったwww

連合軍は嵐の為、空挺部隊の増援は次ターン以降へ持ち越しとなる。また、地上部隊に対する航空支援も無くなる。これにより、更に連合軍の動きは消極的になる。
英第1空挺師団は、包囲下にあるので、防御に専念。
米第82空挺師団は、英第1空挺師団補給切れの報に対し動揺したためか、ドイツ本国軍部隊1ユニットの駆逐のみで、補給地点中心に固まり始める。
これは、ドイツ軍に対して、ARNHEM~NIJMEGENの通過を楽にさせてしまう大きなミスであった。
それでも第30軍団の増援5ユニットが登場。米第101空挺部隊と共にEINDHOVEN近くのドイツ守備隊1ユニットを駆逐。残りの部隊はMAP左上のEINDHOVEN~右下のARNHEM間のハイウエイ(通称:ヘルズ・ハイウエイ)を通らずに、南側のハイウエイを使い、Heijenの橋を目指して来た。幸いにも、Helmondにある橋は2つとも確保できた。これは、後々、米第82空挺師団の援護にはなったが、時間的に大きなロスであった。

ドイツ軍は空挺部隊の増援が来ないと見るや、本格的に積極行動を取る事とする。
ARNHEM方面では、増援の1ユニットを追加し、更に、包囲の輪を縮め、英第1空挺師団の補給地点の奪取に成功する。
NIJMEGEN方面は、都市に対しての圧力が無くなったので予備の部隊を都市に投入する事とした。前ターンの撤退部隊が米82空挺部隊の包囲参加の為、再増援として、NIJMEGEM西側に到着。
南東からの増援は英第30軍団を牽制しつつ、Heijenの橋を目指す事とする。
unknown+049a_convert_20090909160610[1]
第2ターン終了時

ドイツ軍の作戦進行は予想以上である。
が、Helmondの橋が2つとも残ってしまったのは少し痛い。

つづく・・・
我が家での対戦。
サッポロ辺境伯:連合軍
暗黒卿:ドイツ軍

撮影:サッポロ辺境伯

なので、画像が届くまで少々お待ちくださいませ<(_ _)>。

結果はね、
内緒www

では、また。
そんな大袈裟なもんじゃないけど・・・(爆)。

pic24708_md.jpg

明日はこれの対戦だから、

pic553040_md.jpg


MAPと睨めっこですよ(笑)。
作戦立案。
至福の時!
keyは増援の使い方だなwww

では、また。
予定と致しましては・・・
当方の対戦ラインアップとしましては、
・「A BRIDGE TOO FAR:ARNHEM」(SPI)
・「Assault on Leningrad」(HJ)
・「ENDOR」(ツクダ)
は対戦予定がありますが・・・

・「UP FRONT」(AH/HJ)
・「WESTERN FRONT TANK LEADER」(WEG/HJ)
・「DRAGON PASS」(AH/HJ)
を成仏させてくれる人居らんかなぁ~!?

それとも・・・
禁断のASLかぁ~

では、また。
我が家の近所のカラオケボックスは、
月~木の夕方18:00以降は1,050円でフリータイムとなります(4:00までね)。
また、運が良ければ、会員はソフトドリンクがタダになります(イベント)。
まぁ、普段は、300円出しゃ、飲み放題なんですけどね。
で、気づいた事。
安いし・・・
テーブル広いし・・・
イベント中ならソフトドリンクがタダで飲み放題だし(イベントじゃなくても300円で飲み放題)・・・
食事もできるし(600円程)・・・
照明がもちっと明るければ(苦ではないけど)・・・

ゲームボックスに出来る!!

でも、そんな時間帯動ける、豪の者なんて居ないか・・・(笑)

では、また。

本日17:30を以って、
来るべき、自宅対戦と例会参加の為に、
嫁ZOC(強)突破を試みる為、嫁を連れて近所のカラオケボックスへ、
10時間耐久カラオケに出撃してまいります。

では、出撃!( ̄^ ̄ゞ !!
album_jkt10.jpg

17年振りかぁ~。
武道館・渋谷公会堂・代々木体育館・東京ドーム等々・・・
デビューからのファンだったから、
殆どのライブ行ったなぁ~。
来月には、復活ライブのDVD出るなぁ~。
しかも、幻の「まかせて TONIGHT」や新曲の「CRAZY BLUES」が入っている!!
俺、買う!!

NEW ALBAM出してくれよ~。
札幌にライブ来たら
嫁にOVERRUN ATTACKかけてでも行く!!

そして、間違い無く、エンディング曲の
ラサーラで泣く!!

では、また。
pic24708_md.jpg

サッポロ辺境伯と対戦するので準備。
前回対戦した時の不具合の調整。
ユニットが100個しかないゲームなので・・・
マーカー類が無い事が判明。
ヤーボ(航空支援)・Broken(橋破壊)ユニットを他のゲームのブランクユニットで作成。
なんたって、このゲーム、
1976年製だから!

でもね、このゲームのカスタムユニットデーター見つけちゃった・・・
どうやって作ろう・・・?

では、また。
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。